速やかに医師に相談|豊胸したいなら美容外科で施術するのがベスト

婦人

キレイになるための医療

美容整形

人生をポジティブに変える

「人は見た目が9割」というベストセラーになった本があります。賛否両論はありますが、それだけ人間という生き物にとって見た目は大切ということが言えます。実際の心理学の実験結果でも、人が第一印象で重視するポイントは「話の内容」が7%にすぎず、「見た目」が93%だったそうです。それだけ大切なのは「見た目」ですが、様々な要素があります。たとえば服・髪型・声の大きさ・靴・清潔感などです。しかし最も大きなウェイトを占めるのが「顔」です。特に恋愛の分野や、採用面接の分野など、人生を左右する箇所で顔は重視されます。そのため、美容外科を利用して鼻を高くしたり、二重瞼にしたり、小顔にしたりと、美しくなろうとする人が近年増えています。美容外科とは、施術によって患者さんの精神的なコンプレックスとなっている箇所の形を変え、前向きになってもらうことを目的とした医療機関です。たとえば自分の鼻にコンプレックスがあり、つい消極的になってしまい、人生において様々なチャンスを逃してしまっている女性がいたとします。彼女が美容外科を利用して鼻を美しくすることで、積極的になり、よりよい人生を送ることができたら、その整形は彼女にとって病気の治療と同じくらい役に立っていると言えます。一般的な医療機関との違いとしては「機能的に何の問題もない部分にメスを入れる」ということですが、上記のように施術後の人生の変化は、多くの場合一般的な病院で行われるような病気の治療と、負けずとも劣りません。

流行の背景

日本での美容外科の利用者は年間100万人と言われています。一昔前は、「せっかく産んでもらったその顔にメスを入れるなんて」という言葉でネガティブなイメージを持たれていた美容整形ですが、現代では状況が少し変わり、若い世代の美容外科を利用するためのハードルが下がっています。それだけの人数が整形をするに至った理由は、大きく分けて4つあります。1つ目は芸能人の整形の公言です。テレビに頻繁に出るような人気のある女優さんや、タレントさん、お笑い芸人さんなどが、自身の美容整形についてカミングアウトしたり、ブログで報告したりしています。それに対する世間の反応も、攻撃するというよりは受け入れるという印象が強かったため「きれいになりたかったら整形してもいいんだ」と考える人も増えたようです。2つ目は「プチ整形」という言葉が市民権を得たことです。ただの「整形」だと、人生を賭けた大きな手術をするような、重いイメージを持たれてしまいますが、「プチ整形」なら、気軽に思い立ってできてしまうようなライトなイメージがあります。実際に、日帰りで実施できる美容外科もあるそうです。3つ目は「顔にメスを入れない整形」の存在です。芸能人なども「整形はしたけどメスは入れていない」などの言い方をよく使います。プチ整形同様、これもライトな印象を与えることができます。具体的にはヒアルロン酸の注入による鼻の整形や、埋没法による二重瞼の整形などがあります。4つ目は低価格化です。近年美容外科の料金が安くなっており、昔なら10万円かかった内容の施術が3〜4万、場合によってはそれ以下の金額でできてしまいます。また、韓国は日本よりも美容外科の技術が進んでおり、料金も安いため「安く整形するために韓国に行く」という人も増えているそうです。これらの理由で、近年美容外科に人気が集まっています。